寝言って聞かれたらいたたまれないですよね。自分が意識していない結果、何を言ってしまっているのか思い付か気掛かり。
あたしは三クライアント兄妹で昔は細い団地マイホームでしたので、中学校になっても自分の部屋が与えられず、兄妹三クライアントおんなじ部屋で寝ていました。寝言を聴き易く聞かれ易い環境にいたというわけです。
寝起きに弟からこんな寝言言っていたとか、お前だってこんなこと言っていたなんてダイアログを良くしたものです。ですから、あたしはほぼ寝言をおっしゃることに知らず知らず耐性がついていたのかなと思います。
そんなあたしですが、ハイスクールの頃に寝言でハード恥ずかしい眼にあいました。
高校生三年生の夏休みに開催されていた夏期教示。普段の等級とは違い、自分が指定した教科ごとに等級組織がおこなわれる結果、周りの人の大半は話したこともない知らないクライアントばっかり。
その時は我が国史で、平然とした語調で教官が話しているのを聞いているだけでした。そんな教示中にふとうとうとしてしまいました。すると、「アイス!」って自分で言った話にビクッとして、起きました。
私としてはそういう大きな声で言ったつもりはなかったのですが、付近を見ると、教示が立ち寄り、みんなが私の方を見ていました。
普段の等級であれば、そのあと誰かが突っ込んでくれたり、含み笑いが起こっていたでしょうが、付近は知らないクライアントばっかりなので誰も突っ込んでくれず、教官もなんとなく見ただけで、また平然とダイアログを進めていきました。
恥ずかしさの余白、小さくなっていると、隣の茶髪に染めた多少不良のクライアントが、にっこりしながら「アイス食べたいよな。」と言ってきました。どんどん恥ずかしくなり、無言でうなづくことしかできませんでした。
それ以来、寝言をおっしゃることにハード臆病になり、当然、教示中央は敢然と起きて受講するようになりました。いくら寝言に慣れているからと言っても、大勢の他人には聞かれたくないものですね。http://realchoiceinillinois.org/


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/shg7s008/public_html/cavendishinstruments.com/wp-content/themes/peacock/comments.php on line 38